FC2ブログ

似て非なるもの-話し合いと弾劾裁判

似て非なるもの、話し合いと弾劾裁判
* 弾劾とは、もともとは罪や不正を暴く。や、厳しく責任を問うという意味。

私が言う弾劾裁判とは-女性が正論を振りかざし、男を追い詰める話し合いのことです。(;^_^A

女性が言う
話し合いをしたいの
これ、だいたい話し合いではなく、男を追い詰める一方的な話し合いになることが多いのです。
だから、万人向けに書かれた恋愛指南書などにも

「話し合いはしないでおきましょう」

と書かれてしまうのです。苦笑

では、話し合いはしてはいけないのか?と言われれば、そうではなく
感情的にならず、建設的な話し合いならばOK!!なんです。(^^)

感情的になると、辛辣な言葉や相手を罵倒する言葉、相手を責めたような言葉を言ってしまうのは誰しも同じです。
でもそうならないために

冷静でいること。
言葉選びに気を付けること。
Iメッセージを使うこと。


を心がけると良いです。

言葉選びは、辛辣な言葉を使うのではなく、同じ意味でも出来るだけ優しく聞こえる言葉を使う

嫌い→好きではない
バカじゃないの!→あまり良くないかな
普通でない!→ちょっと珍しいかも

みたいな感じ?(;^_^A
これは誰としゃべるときでも、SNSなどで発言するときでも気を付けると良いことでもあります。
特に書き言葉では、キツく聞こえてしまう言葉ですしね。
上手にま~るい言葉を使うことで、意味はきちんと通りながら、聞きやすい言葉になるように考えて話す。

Iメッセージは、私はを主語にする

あなたが誕生日を忘れてたからでしょ!怒

これは”あなた”が主語になり、○○してくれない!と責めてることになります。
これをIメッセージにすると

私は、誕生日を覚えていてくれなかったことが悲しかったの・・・

こういわれたら~怒りよりも、申し訳ない気持ちになってしまいますよね。笑

怒りでは人は動きません。
自分にとって何が嫌だったのか?辛かったのか?悲しかったのか?をきちんと伝えること。

あなたが~してくれない

と言うと男性は、責められた!攻撃された!と取ります。
そうなると、負けることが耐えられない性質の男性は、逆切れしたり、売り言葉に買い言葉で暴言を吐いてしまうことも・・・・
ちょっとしたことがどんどん大きな問題になり、二人の溝はどんどん深くなります。
そうならないようにするのも女の務めです。

なぜ女だけがいつも我慢しなければならないの~~~プンヾ(`・3・´)ノプン
と思いでしょうが、男よりも女の方が柔軟性があり、変わることが容易いからです。


これらのやり方は、下手に出てるようで嫌だわ~と思う人もいますが、短期的にはそういうことになりますが、長期的に見れば女にとってとっても得なやり方なのです。(^_-)-☆

可愛らしく言ってればケンカにもならず、夫は妻のために一生懸命に愛情を注いでくれるのですよ。←私が鬼嫁たるゆえんです。( ̄ー ̄)ニヤリ
夫は立ててもらえてルンルン♪ 妻は夫からの愛のお返しにルンルン♪
WIN-WINの関係で夫婦生活を送ることが出来ます。

どうしてもケンカが多いとか、夫が話を聞いてくれない。なにもしてくれない・・・などの悩みがある方!
ぜひこの3つのことを考えて、実践してみてください。

夫婦関係は必ず変わってきますよ。(^_-)-☆






夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

ミコリーさま、こんにちわ

がちょー
男と女は別ものですから、対立は絶対にありますよね
そーゆーときは、話し合いもたまには必要になりますよ

うちはもう空気と一緒の存在になったので、最近は話し合いはなくなっちゃいました^^

utokyo318
女性はだいたい「自分の話を聞いてほしい」という感じになってしまいますよね💦
私も、ついつい娘に愚痴をこぼしてしまうことがあります・・・・
相手の性格を見極めて発言しないと、それこそやっかいなことになってしまうので、とりあえず冷静になってみるということが大切ですね(^o^)

こういったことは夫婦関係以外でも当てはまりそうですね。
今の仕事では上司が年配の男性で、ちょっと柔軟性に欠けるのですが、なるべくプライドを傷つけないように接していこうと思いました。

がちょーさま

ミコリー

話しあいがけんかになったりして、男女の話し合いと言うものはむずかしいのです。
いつもけんかになったり逆切れされるのを避けるために、話すことを止めてしまう女性も多いもの。

がちょーさまも、奥様の話をきいてあげることを心がけてみてくださいね。(^_-)-☆

utokyoさま

ミコリー
女性は話を聞いて欲しいだけだったりするんですけどね~話を聞くよりも、問題点の解決や、責められてると思っての逆切れが多いのが男性です。(;^_^A

いかに逆切れさせないように、話を聞いてくれるように持って行くのは女性側の仕事。苦笑
面倒くさいですがそうすることで、夫婦関係だけでなく仕事でも親族にでも活かせるようになってきます。

上司で実践してみてはいかがでしょう?(^0^)
年配の男性は、褒められたり感謝され慣れていないので、そこをエゴ撫でしてあげるとどんどん良い人に変わって行きますよ。笑

非公開コメント

トラックバック