FC2ブログ

自分が変われば相手も変わる!!

みなさま、こんにちは!!

要望と要求の違い。頭ではわかってはいるけど~言い換えるのは難しい!との声もいただいています。(;^_^A
たしかにそうなんですよね~

女性の不満は、男性にとっては命令に聞こえる。ということを知らない人がたくさんいます。
もちろん私もその一人でした。

女性は、相手が自分の思い通りにならないと、そうなるようにももっともっと頑張ってしまいます。
そして疲れてしまい「自分ばかり・・・」と悲しくなり、そのうちに怒りに代わり、自分の思うようにならない相手に対して恨みを持つようになってしまいます。←恋愛でも同じですよね?(;^_^A

女性は、人から(特に好きな人から)不満を言われれば「相手の思うように頑張ろう!」という特性があります。
なので、不満を伝えれば人は動くと考えてしまいます。

だから自分の不満を伝えたのに、動いてくれない=愛されていない。と思ってしまうのです。(;^_^A

不満を言ってることも、女性にとっては悪気もないですし、相手をコントロールしようとも思っていません。
だからこそ?自然にやっているからこそ??要求の言葉を要望に変えることが難しいのだと思います。(;^_^A

そして男性の方はというと・・・満足させようとどれだけ頑張っても”もっと、もっと”と言われ続けると「自分ではこの女を幸せにしてやることが出来ない」とあきらめてしまいます。←あきらめずに頑張れ!苦笑

この違い!なんというか・・・ですよね。(;^_^A

女性は不満を言って男性に命令しているのではなく、男性のサポートを望んでいます。
ただ手伝ってほしい。愛してほしい。なんですよね・・・

お願いしてやってくれないときのがっかりさ。Orz
お願いは命令ではありませんし、やるやらないは、本人次第!とわかっていても、やはりがっかりして悲しくなるのは間違いがないです。(;^_^A

男性のみなさまも、女性の不満は決して命令でもないし、この人を幸せに出来ない!とあきらめないで欲しいと思います。
そして女性のみなさまは、不満では男は動かない!ということを心に刻んで、不満を要望の言葉に変え、柔らかい口調と柔和な顔で言って欲しいと思います。←難しいのは百も承知!(--)

長年、命令(だと思ってきた)され続けた男性は、すぐには動きません。
何か言おうとすると、すぐに臨戦態勢に入ります。←これうちの夫がそうでした。苦笑

この癖は長年かかって(へたをすると子供時代から。--)ついたものですから、ちょっとやそっとでは取れないとは思います。
それでも上手に要望を出し、やってくれたら感謝する。ことを繰り返し、少しずつ要望を叶えてくれるようになれば関係性は変わりだします。

なかなか難しいことではありますが、夫婦ふたりが気持ちよく暮らしていくためにも、今までの接し方を省みて、直すべきところは直し、お互いに少しずつ自分を変えていくことが必要なのです。





夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

相手が変われば自分も変わる。

がちょー
ユーチューバーのミコリーさま
おはようございます☆



自分が変われば相手も変わる。
相手が変われば自分も変わる

うーん、、意味深いでしたね!
私も変わると嫁さんも変わる
冷めた夫婦生活も少しは変わるかも知れませんよね(笑)




ミコリーさんへ

ひびき
頭ではわかっているのだけど・・・
なかなか難しいです。
まあ。でも、大きな喧嘩もなく、今まで過ごせたから大丈夫かな・・・
この油断が大きいかも(^^)

知らないからしないこと わかっているけど出来ないこと

ひねくれくうみん
 わかっているけど出来ないことの方が多いのかな?ミコリー様のブログでわかったことって、たくさんありますが、実行に移すとなると、普段の癖が出てしまう…のようなことはあるでしょうね。

 さて、ミコリー様のアドバイスで、友達に気持ちをぐっさり傷付けられたこと、勇気をもって言いました。先日のあなたの言葉で落ち込んでしまった、と。
「勘違いして欲しくないのは、こんなことを言うのも、いつまでも友達でいて欲しいからです」

 友達からも、
「傷付けたことは申し訳ない、でも、そんなつもりで言った訳ではない」
 と言われて、ホッとしたところです。

 言うは易しと言いますが、言うのもかなり勇気が要りました。アドバイス、ありがとうございました。

がちょーさま

ミコリー
簡単に言えば、

変えられるのは自分だけ!

です。(^_-)-☆

自分が変わらないと人は変わらないもの!なんですよね。
まずはがちょーさまから変わってみれば、奥様も変わりだしますよ。(^_-)-☆

ひびきさま

ミコリー
ね~~~みな、頭ではわかっているんですよ。(;^_^A
でもいざ、実行するとなると・・・なかなか難しい。

でもそれを頑張ると、すべて上手く回りだします。

ひびきさまが、あのきめ細かいケア能力や気遣いを奥様にもやっていれば・・・
夫婦円満間違いなしですね。(^_-)-☆

くうみんさま

ミコリー
おぉ~良かったですね!!\(^o^)/

案外、言った方はそこまで悪気も悪意もないことが多いものです。
反対に「私の言葉で傷つつけて、ごめんなさい!」ですよね。笑

つい悪い方へ考えてしまうのも、女性のクセ。(;^_^A
一人で妄想してもんもんとするくらいなら、素直に聞いてしまうのが良いんです。

また仲良しになれてよかったです。
これでその方にも、今までしてこなかったくうみんさまへの”気遣い”も出来ると思います。(^_-)-☆

駐在おやじ
頭でわかってもいきなりは 難しいでしょうから
言う側、聞く側 両方が気に掛けながら 始めないといけないでしょうね

そういえば、夫婦間ではないですが、僕としては命令と聞こえることを言われました
言われた方は女性だったので、 もしかしたらミコリーさんの 言われる恐々だったのかもしれませんね。
ミコリーさんのブログでいろいろ勉強したはずなんですが、 あっさり命令と受け取ってしまいました。 まだまだ 勉強が足りません

  駐在おやじ

utokyo318
YouTube拝見しました♫
私も今度DaiGoさんのことを書こうと思っていましたが、お母さんがパワフルでしたね。
DaiGoさんの弟の亮吾さんについて「亮吾が東大に行くところを見たかった」と書き残して亡くなられたそうなので、もしまだ卒業されていないのであれば、単位習得も頑張ってほしいです。

今川氏真は、あの時代に77歳まで生きたということで、やはり世渡り上手だったんでしょうね〜
「麒麟がくる」の氏真も楽しみです(^O^)

駐在おやじさま

ミコリー
頭ではわかっていても、実行するのは難しい!
これ、本当です。
本を読んで、出来ている!と思っているのとおなじですよね。(;^_^A

どちらかが深く異性の心理を知る。でも上手く行きますが、男女相互理解が出来ると一気に短時間に上手く行くようになる。
なので私のブログをご夫婦で見ていただき、議論する。なんて相互理解が一番の近道なんですよね。


その女性の方も、命令したわけではないのだと思います。苦笑
「自分の置かれている状況のことを分かって欲しい」というものであったのかも。(;^_^A

本当の望みは、不満たらたらの裏にあります。笑
そこをどう洗い出すかですよね。これも訓練である程度はカバーできると思うので、おやじさまの裁量に期待!!\(^o^)/

utokyoさま

ミコリー
Daigoさんの話、いじめで悩んでいる子供や人にも聞いてもらいたいですよね。
ま、やり方はアレでしたが~~~(;^_^A

氏真の話。
面白かったですよね~あの処世術。
本人は辛かったと思います。でもその生き方を貫いたことが素晴らしいな~と思ってファンになってしまいました。

おんな城主直虎でなじみがあったので、話がすっと入ってきました。
麒麟が来る。は見ていないのですが、同じ時代のようですし楽しそうですね。
今収録がストップしている間に追いついてみたいと思います。

ラーダ・ドゥーナ
今でこそ、人間関係で悩むことはほとんどないですが、若い頃はいろいろやらかしました~

親しい友達でも何度もしょうもない喧嘩して復活できた人と、それきりだった人っていますね

中学・高校と仲良しだった人と卒業前に喧嘩して、あっさり別れてそれっきり・・・とかね。

そういうパターンに落ちいる時期がありました。


若い時はあれこれ他人に対して許せないレベルが低かったんだと思います
自分の心の器も小さかったんでしょうねぇ

あとあとになって反省したところで、遅いのですが、そういう経験も夫婦関係に活かしたいところです

夫婦は嫌になったところで、夫婦関係を「や~めた!」ってできないし、嫌な空気のまま生活を共にしていくのは苦痛ですしね・・・

小さな失敗や体験を取り入れつつ、互いが悟り、工夫していかなければ・・・。

それを放棄して、不満を抱えたまま暮らすのはしんどいし、意味あるの?と思います。


年を取って体力も衰え、互いに助け合わないと生きていけない段階になって相手が「頼りたくない存在」だったらしんどいと思います((+_+))

ラーダ・ドゥーナさま

ミコリー
私も同じです。(;^_^A
人間関係が一番難しく、面倒くさいですよね。

自分が正義!

昔は私もそう思っていました。「べきすべき」人間でもありましたしね。(;^_^A
ある時期、人間はどこかで悟りを開くのでしょうね。笑

>年を取って体力も衰え、互いに助け合わないと生きていけない段階になって相手が「頼りたくない存在」だったらしんどい

私もこれ、本当にそう思います。
その前に直せるならば直しておきたいですし、直せないのならば、新しい道を取るのもお互いのためではないか?とも思いますね。
非公開コメント

トラックバック