FC2ブログ

今昔比較!!男性が女性に求める愛情とは -1-

みなさま、こんにちは!!

ここ数十年間で女性が男性からしてもらいたい愛し方が変わったように、男性も女性から受けたい愛情の質が変わっています。

女性は、いつでもいくつになっても、気遣われ、理解され、尊重されたいもの。ですが、男性も

信頼され、感謝され、受容されたいもの

なのです。
これらを踏まえながら、現代の男性の生き方に沿った愛情表現の仕方を紹介します。

まずは信頼から

昔の男性が欲しがった女性の愛情表現とは、経済力のみが必要でそれ以上は望まない。家に無事に帰ってくる。問題解決を期待。家での緊急の問題に対処してくれることに感謝。元気でいることが重要で多くを求めない。でした。

昔の男性の場合、男はあくまで生きて、獲物(お金)を持って帰り、妻子を飢えや敵から守る。という役目を果たしているだけで男性自身も満足だったのです。
しかし現代の男性は、

*お金のみを頼られるのではなく、ほかのことも頼られたい。
経済的支えだけを期待するのではなく、女性はいろいろなことをサポートされることで、ストレスが減り愛されている感を感じることが出来る。ということを知ってもらうことで、男性は思いやりと安心感を女性に与えることが自分の使命になります。←要は男を頼れ!です。(^_-)-☆


*家に無事に帰ってきて終わりなのではなく、要望を言ってもらいそれを叶えたい。
例えば、家事をやってもらいたいのであれば、お風呂洗いか皿洗いなのか何をしてほしいか?をきちんと伝える。男性もやることが明確にはっきりとしていると、出来ますが、出来ないものや不得意なものはその前に教えるなり、そこは省くなりしてあげましょう。
自分の行動が、妻を助け喜ばせていることがわかれば、それからも積極的にするようになります。←要はお願いしろ!です。(^_-)-☆


*妻の問題解決だけでなく、妻と一緒にその日の気分を分かち合い、親密さを感じたい
男性にとって、女性の気持ちを聞くのは一朝一夕にできるものではありませんが、そうすることで仲良しになれることが理解できれば、妻とのつながりを感じ、もっと幸せにしたいという意欲が出てきます。←男に話を聞いてもらえる話し方をするスキルが必要!!

*家の問題を解決し感謝されることもうれしいが、思いやりやスキンシップも受け入れて欲しい
夫がちょこっとお尻を触ってきた!とか嫌がっていませんか?これも男性からの愛情です。(^_-)-☆
自分が受け入れられてる感を感じることで、心が温かくなり、妻との絆を深めたいと思います。←これは男女とも同じですね。(^_-)-☆

性的な意味合いを持たないスキンシップをすること、日本人は苦手だと思います。
しかし、ハグや軽いスキンシップでオキシトシンが分泌されることで女性の心を穏やかにし、ストレス解消の役目を果たす。
そして男性自身もテストステロンが分泌され、男としての自信や活力が沸いてくるので、スキンシップは毎日たくさんしたほうが良いのです。(^_-)-☆


*亭主元気で留守がいい!?ではなく、助けを求めて欲しいし、何をどうすればいいのかを上手に伝えて欲しい
つい面倒くさいから!とか、自分でした方が早いとかきれい!とか、いくら言ってもやってくれないから!と夫をカヤの外にしてしまいがちですが、自ら夫を巻き込んでいくこと。
お願いして、やってもらって感謝をすること。
男性は自分がしたちょっとしたことが、女性を喜ばせることを知ると、もっとやってあげようと思うものです。



昔は物質的なものを与えるだけで男女ともに満足していたものが、男性にも精神的な満足感が必要になってきているのです。
・・・・が・・・
女性自身、男性心理を知らず、男性の古い形の愛情を知らずに勘違いや誤解をして、意固地になって昔の型通りの夫婦の形をとっていないでしょうか?
ここでいつもお伝えしている

お願いして、やってもらって、感謝する。

まず、女性はここから始めること。そうすることで、相手は必ず変わりだします。
もちろん長年の習慣はそう簡単には変わらないと思いますが、それでも少しずつは変わっていくもの。
焦らずに気長にやっていくことが大事です。(^_-)-☆



夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村




関連記事

コメント

こんにちはミコリーさま♪

がちょー
ミコリーさまこんにちは!

記事も拝見しましたよ
私どもは、女性に感謝されたい生き物です。

なので、私もツッパった事を言っても内心は奥さまに感謝されたいのが本音でもありましたね☆

適切なアドバイスをありがとう御座います!



よく言いますね。亭主元気でなんとやら

ひねくれくうみん
 女は家が働く場という認識だから、そう思うのかなと。亭主が居なければ、自分勝手にできるもの。
 おじさんが自宅を事務所にすると言ったときは、ずっと一緒にいるの嫌だな、と思った覚えがあります。でも、これは慣れですね。
 あとは、そうねえ、相手を立てつつお願いを聞いてもらうって、最後までできなかったな~。もっと進化したかったな。

home in my shoes
 こんにちは。

 妻との関係が好転し始めてから、「ありがとう」という言葉がお互いに増えました。ちょっとしたことでも感謝を伝え合うようになり始めている感じです。
 
 これまで時には面倒に思っていた家事も、負担を感じなくなるものですね。
 
 ガサツに、ぞんざいにならないよう気を付けながら、大事にやっていきます。見ててくださいね。

ひろたん
ん~~~~~~~
あ、こんばんは
答えは、なんでも当たり前とか普通とか
思わないことでしょうか
これは
男女問わず、自ずと、”ありがとう”って
お互いに思うようになると思うのだけど

がちょーさま

ミコリー
感謝とほめほめですよね~\(^o^)/

結婚生活が長くなると、感謝もほめほめもしない女性も多いです。
これは男性もそうなので、どちらかが悪いわけでもないと思いますが・・・

人間関係を上手くやっていくには、やはり感謝が一番!
当たり前にならずに、いつも「ありがとう」を言いたいですね。

まずは、がちょーさまから奥様へ!ですよ。(^_-)-☆

くうみんさま

ミコリー
専業の場合、特にそう思いますよね。(;^_^A

私も年間9カ月海外赴任していた元夫が休暇で帰ってきたとき、1週間ほどで
「早く仕事行かないかな~」
と考えていました。苦笑
男がいると、リズムは狂うし、ごはんも質素には出来ないし・・・といろいろと面倒くさかった。(;^_^A

私も男を尻の下に敷くことは知っていても(笑)立てることは知らなかったので、
今思うと。元夫には本当に申し訳ないことをしたな~と思います。

Homeさま

ミコリー
「ありがとう」
は魔法の言葉です。(^_-)-☆

夫婦仲の良いカップルを観察すると「ありがとう」の言葉がお互いに飛び交っています。(^0^)

何事も当然ではなく、すべてに感謝。これが自然と出来てくるんでしょうね。

Home家の変化、目を見張りますね~\(^o^)/
一度良い方向へ歯車が回りだせばOK!!
今後も楽しみです。

ひろたんさま

ミコリー
大正解!!
答えは簡単!お互いに「ありがとう」なんです。(^_-)-☆

夫婦生活が長くなると、何事もつい、当たり前。当然。と思いがちです。
でも当然も、当たり前も一つもないんですよね~

感謝の言葉を忘れないこと!
愛情の受け取り能力を磨くこと!


これが本当に大切なんです。
非公開コメント

トラックバック