FC2ブログ

今昔比較!!女性が男性に求める愛情とは -1-

みなさま、こんにちは!!

女は家庭・男は仕事!をすることが当たり前であった、昔。
現在は、その役割分担制の結婚制度は崩れ、どちらも外で働き、家事育児も分担してするようになってきました。(一部男性のみ、昔のままですが・・・苦笑)

昔は、安心して暮らせるだけ満足だったものが、経済的な心配がなくなった今、女性は心の結びつきを求めるように・・・女性が男性に望む愛情が昔とは変わってきています。

女性は、いつでもいくつになっても、気遣われ、理解され、尊重されたいもの
これらを踏まえながら、現代の女性の生き方に沿った愛情表現の仕方を紹介します。

まずは気遣いから

昔の女性が欲しがった愛情表現は、経済を支え、(敵や猛獣から)物理的に守り、妻の問題を解決し、緊急事態に対処し、妻のために苦労を惜しまない。でした。←これはこれでカッコいいと思います。(^_-)-☆ そして今も男性はこう思ってるのでは??

しかし現代では、

*経済的支えよりも、安心感
ここは言わずモノがな。女性も自立できるようになった現代では、お金を稼いでくることが女性が感じる愛情にはならなくなりました。それよりも「私をわかってくれている」という安心感が必要です。安心感があるということが信頼につながります。
女性にとって信頼があるからこそ、愛情が持て、SEXが出来るのです。

*守られるよりも、、ロマンチックな気遣い
暴漢に襲われたときはもちろん物理的に守って欲しいのですが・・・結婚記念日を覚えてくれていたり、ちょっとしたプレゼントやおしゃれなところで食事をしたり、デートをしたり、そんなちょっとしたことで女性は女としての自信を持て、愛されていると感じ、余裕を持つことが出来るのです。

*問題解決よりは、話を聞いてもらったり関心を持ってもらう
これも言わずモノがな!!
いかに女性は話を聞いてもらい、関心を持ってもらえるか?と感じることで、愛されている自信と喜びや感謝の気持ちを持つことができます。

*緊急事態の対処よりも、愛情のこもったスキンシップ
緊急事態に対処してもらわなくてはいけまんせんが・・・(;^_^A
女性はいつでもハグや軽いキスなど、性的な意味合いをもたないスキンシップが必要なのです。←これ、日本人は不得意ですよね~(;^_^A

*妻のために苦労を惜しまないの意味も、妻が必要としていることをいつでもサポートする準備をしている
ここは子育て中のママにとって、最重要なところだと思います。
家事や育児をしない男性は、本当に多いです。男性の頭の中だけいまだに戦前なのでは?なんて思います。(;^_^A

「お願いしてまでやってほしくない!」

という女性の意見も、いつも言われないと動かない!言われても動かない夫!にはそうなってしまう気持ちもわかります。

いつもさっと動いてくれることで、お願いをしやすくなります。
そしてその行動に感謝できるようになるんですよね。←たまにそれが当然となる女性がいますが、これはダメダメ!!きちんと感謝をしましょう。

昔と今、女性が求める愛情表現、まだまだ続きます――――




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

おはようございますミコリーさま♪

がちょー
女は家事、男は仕事ってこちら田舎では未だにそんな考えが定着しております。

私も古い人間なのでイメージでは、女性は家事をしなければならないって考えの男性でした。

でも、こんな考えでは古くさい進歩ないでしたね(笑)

がんばりました

home in my shoes
ミコリーさん、こんにちは。

義父母の入院でばたばた&妻の心労も考え、せがれどもと家事を分担して夕飯含めて妻には休息を増やしてもらっています。昨日は二人で隣県に行き義実家の用事を協力してこなしてきました。

先ほど、(非常に珍しいことに)妻から感謝のメールが来ました。自分の両親のことである負い目(そんなもん不要なのに)もあるようですが、ミコリーさんから伺ったことの実践を少しづつ重ねるうちに空気も変わってきました。

女性を労わること=女性を守ることであるので、男子なら大いにやるべきことであります。本日も積極的に取り組んで、私自身の習慣と家庭の空気を変えていきますね。

いつもありがとうございます。

utokyo318
男性も、ずっと仕事をしてくれる女性と結婚したいという人が増えているみたいですし、また、そうでないと貯金ができなくなってきているので、家庭のことも役割分担していく必要が出てきますよね。
平等に分担することは難しいかもしれませんが、それなりにうまく回っていけば、それを見ているお子さんたちにも良い影響があると思うので、お互いへの配慮をしながら過ごしていけたらと思います。

みほ7
共働きの家庭もほんとに増えましたね。
でも、男性の家事や育児に対する意識は低いと思います。

最近職場の男性が、「自分はできるときは子供を幼稚園に送って行っているし、休みの日は子供を公園に連れて行っている。でも嫁さんは寒いからと公園にも連れて行かないし、俺のパンにチーズとハムをのせる順番も間違う。」
と、俺イクメン口調で話していて、考えてしまいました(^◇^;)
奥さんは専業主婦なのですが、下のお子さんがまだ1歳で。

確かに育児に協力的な旦那様なのでしょうが、自分が育児をするのは特別なことっていう認識なんだなあ、と。
毎日毎日ご飯作って掃除、洗濯、幼稚園の準備、奥さんは忙しいのに、、、と、思ったけどもちろん言いませんでしたが(^^;;

ん?ブログの内容とズレましたかね笑

この奥様も毎回感謝を伝えると、旦那様の意識も変わるのかもですね!

Homeさま

ミコリー
奥様からの感謝メールですか!!(⋈◍>◡<◍)。✧♡
頑張った甲斐もありましたね。
今までの苦労も報われる!!成功報酬があれば、人間がんばれるもの!
ますます張り切っているHomeさまでしょう。


> 女性を労わること=女性を守ることであるので、男子なら大いにやるべきこと

本当に素晴らしいです!!\(^o^)/
すべての男性に本心からこう思ってもらいたい!

> 私自身の習慣と家庭の空気を変えていきますね。

努力は裏切りません。
必ず、変わります。千里の道も一歩から!!です。

いつも応援しています。ふぁいと!!(^0^)

utokyoさま

ミコリー
私世代がたぶん最後の専業主婦が当たり前だった時代の人間でしょう。(;^_^A

今、結婚適齢期の子たちは専業主婦の家で育った子も多いと思いますね。
父親はいつもいなくて、ワンオペ育児は当たり前!
家事育児は女の役目だった!と刷り込まれているのだと思います。

これからは、父親も家事も育児もしているところを子供たちも見ていくと思うので、
少しずつ男性の意識も変わっていくのでしょうね。

みほ7さま

ミコリー
何も言わなかったみほ7さま、偉い!!(^_-)-☆
「チーズとハム、腹の中に入れば一緒や!!」と私なら、ぎゅーぎゅーにやってしまいそう。笑


たしかに、まだまだ男性の意識は低いですね。
奥様も働ているならば、家事も育児も分担するのは当たり前!
「やってやってる感」
があるから、女性が頭にくるわけで・・・専業主婦であっても家事は妻の役目だと思いますが、育児は共同作業であるべき。
子供は一人ではできないものですしね。苦笑
このあたりの意識が変わるのは次の世代なのかもしれないですね。(;^_^A


「寒くて公園に連れていけないけど、連れて行ってくれるあなたは本当にいいパパよね!すごいわ!いつもありがとう!」

とでも心から言えれば、この彼も嬉々として公園詣でをするでしょうね。笑
うちの息子はそやっていい父親に仕込まれています。爆笑

ラーダ・ドゥーナ
>昔は、安心して暮らせるだけ満足だったものが、経済的な心配がなくなった今、女性は心の結びつきを求めるように・・・女性が男性に望む愛情が昔とは変わってきています。


今は共働きの家庭も多いですもんね~
どちらか片方だけ頑張るのではなく、「平等に子育てに参加している、チームである」っていう意識になりつつあるのかな

日本の家庭だとある程度の年数を重ねると、ロマンチックな関係よりも「良い連係プレイ」ができる事を求めるような・・・

だから、韓流スターや若いアイドルや健康ランドのスター(知ってます?)などに癒しやトキメキを求めるのかな~

ラーダ・ドゥーナさま

ミコリー
日本では、心情よりも社会的なつながりとしての夫婦関係が多い気がします。
だからロマンチックなことはなくなり、ただの共同生活者になってしまうのでしょうね。(--)

お互いに思いやりや気遣い、相手に性的な関心を寄せることを”努力して”いかなくてはいけないと思います。


健康ランドのスター。笑
純烈さんたちのようなアイドルですよね??(^_-)-☆
生活に潤いを持たすために、そういうのも必要だと思いますが、出来れば旦那さまを潤いにしてほしいですね~
でもちょっと無理か・・・苦笑
非公開コメント

トラックバック