FC2ブログ

なぜ女はHを嫌うのか??

男性のみなさま、こんにちは!

日本の約半数の既婚カップルはSEXレスだとか・・・その多さには驚きます。
50代、60代ならばいざ知らず、20代の若者たちまで・・・・由々しき問題ですね。( ノД`)
出生率云々の問題も確かに大事ですが、それ以上に健全な男女のカップルにおいてSEXがない!というのは不健全です。
心の健康にもはなはだ良くない。o(o・`з・´o)ノ

このレスカップルの増加。
私的に、文化的背景にも原因に関係しているのでは?と思っています。

就業時間が長い。など社会的な背景もありますが、日本ではハグやキスの習慣がない国であったことも大きな比重をしめていると思います。
若いカップルや親子同士(特に子供が大きくなってから)でも、スキンシップの度合いを見たときに、やはりだいぶ低いな~というのが、海外在住20年を迎える私の意見です。


なぜスキンシップが必要なのか??

女性は好きな男性←ここ大事です。笑 に触れられることで、
幸せホルモンであるオキシトシンが分泌されます。
このホルモンは、気持ちを落ち着け幸せな気持ちにしてくれるホルモンです。

1日に最低4回はハグをしていますか?(出来ればキスも)
妻の手を握ってますか?
外では恥ずかしいという男性も家の中では出来るだけ妻に触れてあげましょう。

ただし・・・そこに性的な思いはなくすように!!苦笑

これ!女は感じとるもので、男がSEXを考えながら触ってるな~と思うと、ゲンナリします。(--)
やる気も沸いてこない!!( ;∀;)

例えば夜。
女はSEXはしたくないけど抱きしめて欲しい。と思うときがあります。
そう思って、寝てる夫のそばにそっと寄って行くと・・・夫は、反応して
「さぁ!やるぞ!!」
となってしまって、妻うんざり。苦笑

妻はただ抱きしめて欲しいだけなのに、触れば夫のスイッチが入ってしまうのを知っているので、触りたくても触れなくなってしまう。

こうしてすれ違っていく二人。体の距離が心の距離になり~離婚にまで発展・・・なんと哀しいことでしょう。
SEXレスを防ぐためにも、男女の考え方の違い、体の違い、感情の違いを知ることが大切です。

男性と違い女性は、SEXはベッドの上だけのものではなく、その前から始まります。
前戯はベッドの上から始まるのではないのです!!(。-_-。)
妻とラブラブなSEXをしたいのであれば、まず

優しく声を掛ける。
たくさんのスキンシップ。
話を聞いてあげる。

この3つを心がけましょう。
妻の心をほぐし、ついでに体もマッサージなどをしてあげると感謝もされ、気持ちの良いSEXが出来ることは間違いなし。(^_-)-☆

そこまでは無理っ!!ヽ(`Д´)ノプンプン
というそこのあなた!

せめて今日あった話を聞いてあげてください。

それだけで女は、愛されてるな~幸せだな~(⋈◍>◡<◍)。✧♡と思えます。
この人と一緒にいれて良かったな~と思います。
女って簡単に幸せになれる可愛い生き物なのです!!(o‘∀‘o)*:◦♪


話を聞くテクニックは次回に書きますが、まずは話しを聞く
そのときにクソバイスはいりません!!責められた?と思っても反撃はいりません!!←この理由は次回。(^^)
ただただ話を聞く。傾聴する!これが大事です。

妻も彼女もいない!!とお嘆きのそこのあなた!
このテクニックを覚えれば、女に絶対にモテますよ。キャバのおねーちゃんにもモテるかも?笑

ということで、次回は「女の話を聞くテクニック
男にとっては拷問のようなことでしょうが(笑)それがいかに力を発揮するか?をお伝えしたいと思います。


関連記事

コメント

今回の内容イイですね☆

がちょー
ミコリーさま、こんばんわ♪
おお〜、今回の深い話しですよね

子供が小さいので、嫁さんは相手してくれません
なので私はそーゆー店に通ってましたよ(笑)
何回もばれてますが、今のところ離婚はないでありました^^
最近はそーゆー店の評論家として、会社で語ってましたよv-290

結婚は新婚の頃に仲がよかったのですが、
子供ができて 小さいと嫁さんはそっちに傾きます
それが自然かも知れませんよね(´∀`)/


がちょーさま

ミコリー
う~む

>今のところ離婚はないでありました^^

と思ってるのは男だけ!?ということが・・・笑

ま、脅すわけではないのですが、女が口に出すまでには相当な覚悟と時間が掛かります。
特に子供が小さい場合、やはり子供のことを考えると自分の思い通りに出来ないことも多々あるので。
何十年後の時限爆弾にならないようにして欲しいと思います。(;^_^A

私は女性に男性心理を知り、行動を知ることで新婚時代のラブラブのまま結婚生活を送ることが出来ると説いていますし、そうやっているところは結婚何年たっても、子供が出来てもラブラブさが変わらずにいたりします。

今からでも全然遅くはないので、まず女性心理を知り、どういうことをすれば妻は喜ぶのか?ということを勉強してみてみてください。

子供が小さい場合、家事で忙しいときに子供の面倒を見てもらうとか、ご飯作りを変わってもらう。や出前や食べに行くでも嬉しいし、お休みの日に少しだけ子供と離れられる時間を作ってもらうのもとても嬉しいものです。

また書きますが、奥様の愛情のアプローチ法を知ることで、ピンポイントにがちょーさまの愛情を伝えることが出来るようになります。


このブログを立ち上げたのも、世の殿方に女性の扱い方を知ってもらい、結婚生活を暗黒世界ではなくバラ色にしてもらうためです。(^0^)
将来のためにも、ぜひぜひ活用してみてくださいね。\(^o^)/



非公開コメント

トラックバック