FC2ブログ

気持ちを癒す方法

みなさま、こんにちは!!

前回に引き続き『癒しの手紙作戦』をお届けします。

第2部
嫌なこと腹が立つこと悲しかったことなどを書いた後に、相手の気持ちになって相手から聞きたかったことを書いてみます。
まず書き出しは

「気持ちを聞かせてくれてありがとう」

から始まり、

「キミの気持ちはわかったよ。オレが悪かった。これからはもっと協力しようと思う。」

などと締めくくります。
実際に相手がそう言ってくれなくても、自分が欲しかった言葉を書き出すこと。
これだけでも自分の気持ちが軽くなります。

この手紙は3分ほどで書いてしまいます。


第3部
この2部の手紙-相手があなたの言い分を聞き入れてくれた。や謝ったと仮定して、それに対する返事を書きます。
ここで書くものは、具体的に許しの言葉にします。

「あなたは確かに私を傷つけたけど、私はあなたを許します。」

なかなかこれだけで相手を許せるものではありませんが、
許すことは、あなたが負けたわけではなく、相手の行為に同意するものでもない!
相手を許すのは、自分の嫌な感情、否定的な思いを水に流すため。と考えると気持ちも落ち着くと思います。


この癒しの手紙作戦は、恨みがましい気持ちになったときや、悲しかったりしたとき、相手から無視をされているときなどにやってみると少しだけでも気持ちは変わりますし、自分の気持ちが落ち着くことでまた話し合うチャンスを取ることも出来ます。

自分の気持ちを書き出す方法は、いろいろな心理カウンセリングにも使われている方法なので、辛い時に試してみてください。
この方法は、毒親からの呪縛を取る方法にもなるので、毒親から受けたトラウマを治すためにやってみるのも良いのではないでしょうか?




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

癒やしの手紙作戦拝見しましたよ!

がちょー
癒やしの手紙作戦、なんだか物語形式になっている感じで私にもわかりやすく内容を理解しました!

部の構成もしっかりされていて、字が苦手の私にも把握した本日の記事でしたね☆

駐在おやじ
なるほど これはいい方法かもしれませんね
うらみつらみも 言葉にする、書き出したりなんかしたらほんとのことになってしまうように
許しの言葉を書き出すことによって、 自分の心もそっち側に向かえますね。

なるほど すばらしい方法ありがとうございます

  駐在おやじ

がちょーさま

ミコリー
ポエムを書くのが上手ながちょーさまならば、お手紙作戦はとても良いかもしれないですね。
愛の言葉をつづって奥様にあげるのも良いかもです。(^_-)-☆

駐在おやじさま

ミコリー
この方法は、夫婦間だけでなくすべての人間関係について応用することができます。
自己完了?にはなりますが、自分の気持ちを落ち着かせるため。癒すための方法なので、自己完了で良いのでしょうね。(^_-)-☆
非公開コメント

トラックバック