FC2ブログ

夫婦がベストパートナーになるために

みなさま、こんにちは!

男女は違う星から来た異星人!考え方感じ方、言葉の意味も違う。
という基本に立ち返り、男女の違いについての勉強をしていきたいと思います。

いよいよこのシリーズの最終回となりました。

基本に立ち返って、男と女の違い、言葉の取り方の違い、穴ごもりやセルフケアの重要性、相手に話を聞いてもらう話し方や聞き方などいろいろなことを学んできました。

ふたりで一緒に生活をしているだけで、何もせず自然に任せ手を入れないでいると、手入れされていない庭園のようにどんどんと荒れて行ってしまいます。
そうならないようにするには、お互いの努力が大事です。

自然に任せて何もしないでいても良いのは、先に挙げた春の時期だけ。(;^_^A
夏になれば「こんなに人だったの??(--)」となります。
このときに、二人の関係を修復する働きかけをどちらかがとれば事態は好転し、実りの秋を迎えられますが、何もしないでいるとお互いに憎みあう関係になり冷たい夫婦生活を送るか、離婚するか?になってしまいます。

もしここで離婚という選択をしても、

結婚をしてからも、仲良くやっていくためには正しい努力が必要

ということを知らなければ、また同じ轍を踏むのがオチです。←はい。私です。苦笑

夏の時期をどうにか乗り越えて、実りの秋になり夫婦仲を深まって幸せを感じていくうちに冬の季節が到来することもあります。
夏の時は、相手がすべて悪いと責めていましたが、冬の場合は絶望感から自分自身を責めることになり、気分転換をすることを忘れその深みにどんどん落ちて行ってしまいます。

そうなると自分ばかりでなく、愛する人に対しても猜疑心を抱き、世の中すべてのものに嫉妬し諦め、何をするのも嫌になったりします。

しかし、これも自然の摂理です。
ずっと春でいることはない。人の気持ちは変わって行くということを知ることも必要です。

このシリーズで学んだ対処法を忘れてしまう時もあると思います。
人間そう簡単に変われるものでありません。

でもそれでも少しずつ変わる努力、正しい努力を一つ一つしていくことで、結婚生活もあなたの人生も変わることは間違いがないのです。
私は本当にダメダメな結婚生活(恋愛も。苦笑)を経験してきました。
そして自分自身が変わらないといつまでたっても同じことをしてしまう!ということに気が付き、今までの自分の考えを捨て、1からやり直しています。

親が教えてくれなかったことー親自体も知らなかったこと。を私たちは学びました。
この学びをどうかご自身の結婚生活にも活かしていって欲しいと思います。




と最終回のような〆方をいたしましたが~笑
まだまだこのブログは続いていきますよ~~(∩´∀`)∩




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

おはようございますミコリーさま。

がちょー
おはようございます。
夫婦は別世界の異星人でありました
お互い気遣い尊重しあいの精神でミコリーさまの記事のアドバイスを受けて精進すると上手く夫婦生活ができるようですね☆

home in my shoes
こんにちは。

振り返ると、自分のことばかりで妻の気持ちはあまり考えていないなぁと気づきました。かと言って、急に変わることもできませんが。

自分なりに一生懸命やってきたつもりですが、難しいですね。仮に妻以外の女性と結婚していたとしても、似たような事になっていたと思います。

まずは自分の中で肚に落ちないと外には表せないでしょうから、もう少し悩みは続くでしょうか。

駐在おやじ
本当に 終わってしまうかのような 終わり方でしたね www

毎日、読ませていただき 自分を振り返ることも多く有りました。
帰国したら ← いつになるか分かりませんが 今度はちゃんと感謝の意を伝えていきたいと思います。
すでに手遅れかもしれませんが ><

  駐在おやじ

がちょーさま

ミコリー

> 夫婦は別世界の異星人でありました

ここなんです。
ここを忘れることがなければ、意思の疎通は測れるはずなんですよね。(;^_^A
でもすぐに忘れてしまう・・・
心して覚えて置きたいところです。

Homeさま

ミコリー
Homeさまはきちんと内省されているのが素晴らしいですよね。(^_-)-☆

相手のためと言いながら自己満足になっていたり、エゴの押し付けであることはだれにでもあることで、常に
「本当に相手のためか?」というところは考えておいたほうがよい部分ですね。(;^_^A

ほとんどがそうなのですが、Homeさまの場合も”なにか取っ掛かり”になった事柄があり、それは奥様の成育歴のトラウマの傷に関連している。ということだと思うんですよね。
このトラウマの傷がわかれば、奥様自身も楽になれると思います。

駐在おやじさま

ミコリー
(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
と思わせてまだまだ続く~です。笑

手遅れと言うことはないのです。
女性の感情は眠っていてもすぐに起きることができるので。(^_-)-☆

感謝とねぎらいの言葉。
日本に帰らずとも、結婚記念日や誕生日に送ってみては?
プレゼントもですが、その言葉の方がよっぽど嬉しいのが女です。\(^o^)/
非公開コメント

トラックバック