FC2ブログ

海外の結婚式

ひとりごと
08 /27 2018
みなさま、こんにちは!

夫の友人の結婚式にお呼ばれしたので【海外の結婚式】をお届けします。

こちらの披露宴は夜に行われることが多いので、お式は夕方から始まることが多く、今回もお式が午後4時から。披露宴が午後6時からでした。

会場は、ブリスベンでも由緒ある老舗のホテル。
そこの中庭でお式をして、披露宴は宴会場でした。

IMG_5633.jpg

BGMはとても素敵なギター演奏とボーカル。
新郎新婦はお互いに40歳。お付き合いして9年目だとか・・・こちらでは事実婚で何年もすごし、結婚するカップルも多いのです。
お式は15分ほど。あっさりしたものです。(;^_^A
ウエディングドレスは、スカートの膨らんだものを着る人はあまりなく、こういうシンプルなものが主流です。
披露宴開始の時間まで、カナッペなどのおつまみとお酒でみなで談笑です。

IMG_5634.jpg

初、我が家のゴリラ夫!ゴルさん登場!!\(^o^)/
披露宴のお料理は、バイキング形式でした。もちろんデザートもモリモリと頂きました!(^_-)-☆


IMG_5635.jpg

披露宴の最中も日本のような堅苦しい挨拶などはありません。
今回は、司会者のおじさまが面白くて、コメディアンのようで・・・夫婦の経歴を語るだけなのに、思いきり笑わせてもらえました。
新郎父の挨拶も、司会のおじさまに負けず劣らず面白く、二人のおじさまコメディアンの競演のようで本当に面白かったです。

最近の披露宴には、簡易プリクラが用意されることが多く、小物を使って遊びます。
2枚印刷されて、1枚はもらえて、後の1枚はカップルへのアルバムに一言添えて貼られて行きます。これはいいアイデアですよね~(⋈◍>◡<◍)。✧♡
そして、ウエディングダンス
新婦のドレスも、裾をふんづけないようにたくし上げられるものでした。これ、いいアイデアです。\(^o^)/
新郎新婦がまず踊り、親族が合流し、あとはみんなでディスコ大会へ。
これはどの披露宴でもお決まりのコースです。
披露宴の時間は5時間が主流なので、ゆっくりと出来るのがこちらの結婚式の良いところです。(^_-)-☆

招待客50名ほどのこじんまりした結婚式でしたが、とてもアットホームでほのぼのとしたお式&披露宴でした。

新カップルに乾杯!!
これからも末永くお幸せに(⋈◍>◡<◍)。✧♡




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

海外の文化は日本と違いますね

お写真も拝見しました。
オーストラリアと日本では、当たり前の事ですが
文化も違うし、今回は結婚式の写真は勉強になりましたよ!
日本より自由な形式の結婚式ですよね。
外人さん、カッコイイですね☆

 日本の結婚式や披露宴は派手過ぎると思います。心のこもったお式が一番。
だけど、結婚式や披露宴がド派手なのは東洋の特色なのかしら?

がちょーさま

日本とオーストラリア。
冠婚葬祭、すべてが違っておもしろいです。

お葬式にしても明るい!?(;^_^A
ところ変われば品変わる!!
言いえています。

くうみんさま

アジア各国、結婚式は派手ですよね~(;^_^A
そういう文化なんだろうと思います。

新郎新婦も良いお年だったのもあり、とても落ち着いたアットホームな感じで派手なことはないけども、気の利いたよいお式と披露宴でした。

来年3月には、夫の甥っ子の結婚式があるので、そのレポートもしますね。(^_-)-☆

良い結婚式ですね こういう結婚式大好きです
韓国の結婚式も日本と全く違うのに驚きましたが
僕は こういう結婚式が好きですね ^^

旦那さん すごくかっこいいですね
修理忘れてても 許してあげてください www
あっ 怒ってなかったですね ^^

  駐在おやじ

駐在おやじさま

韓国も派手な感じがしますが、こちらの結婚式はあっさりしてます。(^0^)
仰々しいこともなく、派手な演出も挨拶もなくほんとあっさりとお開きを迎えました。
カジュアルなので、かしこまることもなく楽しめましたよ。(∩´∀`)∩


うちのゴリラーマン、言動や行動はゴリラなのですが(爆)見た目はカッコいいのです。(ΦωΦ)フフフ…
トイレの修理は・・・まだです。笑

ミコリー

国内最大級の女性向け恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティー」で恋愛・結婚生活アドバイザー&カウンセラーをしているミコリーです。

女性はもちろん男性の相談者も多く、相談を聞いていても女に男心わがからないように、男性も女の気持ちがわからないことを知るにつれ、女の本当の望みをを知ってもらい、女性だけでなく男性にも幸せになってもらいたい!とこのブログを始めました。