FC2ブログ

しあわせ男塾!女塾!!

相手の気持ちがわからない。本音がわからない・・・恋愛や結婚生活が上手く行かない!そんなあなたを恋愛・結婚生活アドバイザーがサポート!

癒しに必要な4つの感情 4

みなさま、こんにちは!!

傷ついた心を癒すためには
怒り
寂しさ
恐れ
悲しみ

の4つのネガティブな感情を感じ取ることが大事です。

心をリセットするためのプロセスの最後は

悲しみを感じる

悲しみの正体とは一体なんなのでしょうか?

悲しみの感情とは、自分が何を期待しているのか?を教えてくれるもの。
起きて欲しいと期待したことが起きないと認めることなのです。

充分に悲しみを感じることで、過去の望みを捨てて新しい望みを見つけることが出来ます。
不可能なことが理解できれば、可能なことを探し始めることができ、もう一度新しいスタートをしようと思えます。
愛着を感じていた相手からのみ愛されたい。ではなく「また新たな人に愛されたい」と思えるようになってきます。



この4つの感情をきちんと感じることで、心が癒されます。
これが中途半端になってしまうと、癒しに時間が掛かったり、癒されず長く苦しむことになります。

しかし、ただこの4つの感情をぼ~っと考えていたのでは、余計に深みに入ってしまって苦しくなり、この感情を考えないようにして自分を守ろうとしてしまいますが、それは一時的なもので苦しみはなくなりません。

大人になると、多かれ少なかれこれらの感情を押さえつけてしまうことが多くなります。
そのせいで子供のころは素直に感じていた、愛や喜びや感謝ややすらぎのようなポシティブな感情を感じ取れなくなっていきます。

そうならないためにも心が傷を受けたときはしっかりとこの4つの感情を感じて、癒していくことで心のバランスがとれるようになっていきます。
そしてこれらのネガティブな感情は、安心感 平穏さ 愛 理解 許し 信頼 のポシティブな感情に変わっていくのです。

愛する人との別れの辛さをどうしても忘れられない、悲しい、せつない・・・と思う方はぜひ、ご自身の心の中のこの4つの感情と対峙し、感じ考えてみてください。



心の傷の癒し方とネガティブな感情の感じ方をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

これらのことは、ジョングレイ博士の著書「だからあなたは今でもひとり」を参考にしています。
この本は、セルフカウンセリング、セルフヒーリングの名著です。
3章構成になっていて、1章目がこのシリーズで書いたこと。
2章目は傷ついた女性が陥りやすい問題。3章目は傷ついた男性が陥りやすい問題。を取り上げています。
興味のあるかたはぜひ本を読んでいただきたいと思います。




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ミコリーさま、こんにちわ♪

こんにちわ〜♫
記事も拝見しました。
歳をとると、前向きに生きる方と諦め後ろ向きに生きるかたが、ハッキリと分かれますよね。
私の周りにも人生を諦めている方が多すぎ。

そうそう、アメブロのコメント
二回も書いてしまいました(笑)
すいません!

がちょー | URL | 2018-08-17(Fri)12:31 [編集]


がちょーさま

過去の出来事から現在の問題を解決する。というシリーズでしたが、改めて私も良い勉強になりました。

年齢関係なく、動かない人も多いですし、自らの意思で留まってる?と思う方も多いです。
私は自分がアクティブに動く方なので、少し自分が動けば世界が変わる!と思っているのですが・・・
みなそれぞれ個性がありますね。(^^)

ミコリー | URL | 2018-08-18(Sat)07:12 [編集]