FC2ブログ

しあわせ男塾!女塾!!

相手の気持ちがわからない。本音がわからない・・・恋愛や結婚生活が上手く行かない!そんなあなたを恋愛・結婚生活アドバイザーがサポート!

人の尊厳を奪う薬がある!?

今日はちょっとショッキングな内容です。

火星人VS金星人の攻防を繰り広げていた、母と母パートナーのおっちゃん。
昨夜、7月28日午後7時ごろ、永眠いたしました。

死因は、大動脈破裂による脳梗塞だか心筋梗塞だとか。86歳の大往生ではありますが・・・この梗塞の引き金になったのは、たった1粒の薬に間違いないようです。涙

2~3週間前から、認知症の症状が出てきていたおっちゃん。
暴力などふるったことはない人でしたが、どうやら狂暴になるタイプの認知症だったようで・・・

数日前に「家に帰る~」と消火器をもって暴れたときに、職員さんを殴ったような形になったそうです。
それでも収まらず、ロビーに置いてあった鉢植えを投げたりカーテンを引きちぎったりしたもので、救急車で精神科へ運ばれました。
そこは泣く子も黙る!恐怖の病院で、そこに入った患者は生きては帰れない?とも言われている病院です。

入院するほどではなく薬を処方されて帰ってきたのですが、付き添っていた兄嫁によると、もらった薬は
考えられないほどキツイ薬だったそうです。

兄嫁は、知的障碍者施設で20年以上勤務のべテランで、精神科の薬のこともすべて把握しているため、処方された薬の名前と容量を見て疑問に思い、おっちゃんのホームから付いてきていた看護師にも

「これ、飲ませたらあかんやつ・・・」

と、教えたそうです。

兄嫁いわく、その薬は、舌下錠のようなもので吐き出すことも出来ない間に溶けて即効性で効くもので、即昏睡状態?のようになり3日は眠り続けるようなキツイ薬。そのあとも脳がやられ廃人のようになるのだそう。
狂暴性はなくなるものの、生きるしかばねになる薬だそうで、施設の人に病院から処方されても、会議をしてどのくらいの分量を飲ますかを決めるほどの劇薬だそうです。

そんな薬を処方されたおっちゃん。
ホームでもかかりつけ医に緩い効き目の精神安定剤のような薬を処方されていたので、その薬で様子見だったようですが・・・その2日後、近所の県立病院の精神科で診察を受けたらその薬を飲ませるように指示されたそう。
そしてその薬の投薬後、次の日の午後3時まで昏睡状態のままで、これはやばいと思ったのでしょうね。
救急車でその県立病院に運ばれそのまま午後7時に亡くなりました。

母も私たち家族も、ホームの人も誰も責めるつもりもなく、おっちゃん自身も苦しむことなく寝ながら逝けたことは幸せであったとは思います。
ただ、血圧が高く、血管もボロボロで、いつ脳梗塞や心筋梗塞を起こしても不思議ではない86歳の老人に処方する薬であったのか?のついては、はなはだ疑問が残ります。

そしてその薬はたった1錠で、普通の人でも廃人に出来るだけの毒性を持っているということを知りました。

昔から、精神病棟に入れられると1週間でおかしくなる。
なんて言われていましたが、こういう薬を盛られることで、普通の人間であっても廃人にすることが出来るのでしょうね。
とても怖いことだと思いました。

ホームの薬を飲ませた人は、罪悪感で押しつぶされそうになっているのではないか?精神的に大丈夫なのかは気になります。
医者の指示とはいえ、人ひとり殺してしまったことになりますよね。

そして思ったことは、精神科の医者にとっては、狂暴な人間を静かにさせることが出来ればそれでいいじゃないか?のような考え方になってしまっていること。
人間の尊厳も命のことも何も考えてはいないのだな・・・ということを知りました。
なんともやるせない気持ちでいっぱいです。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

切ない話しでありました。

なんともコメント、亡くなる方のコメントって難しいのですよ
以前もブログ書いている方の親戚がなくなったり、今回のミコリーさまのところもそうですが、私からは心よりのご冥福を。
これが私からの最大の「喪」である、言葉コメントでありました。

がちょー | URL | 2018-07-29(Sun)12:50 [編集]


難しい話ですね 人を廃人にするような薬があってはならない
これは間違いありませんが とはいえ 長い期間周りに負担をかけるのが良いのか?と言えば 
僕も 近い将来向かい合わなければならない問題です
正解も答えも無い この問題 今は見ないようにしてますが 迫ってきてることは間違いないです
ご冥福をお祈りいたします

  駐在おやじ

駐在おやじ | URL | 2018-07-29(Sun)13:33 [編集]


そうなんですか。
おっちゃんさん、残念です。

お母様は大丈夫ですか?ミコリーさんも。

お別れは辛いですね。
お身体気をつけてくださいね。

ふゆこ | URL | 2018-07-29(Sun)19:16 [編集]


がちょーさま

コメントを書きにくい日記でしたよね~(;^_^A
がちょーさまのお気持ち、大変うれしく思います。
ありがとうございました。

ミコリー | URL | 2018-07-29(Sun)19:36 [編集]


駐在おやじさま

お悔やみの言葉、ありがとうございます。

薬のことはさておき、私自身も、駐在おやじさまと同じ考えでもあるので、
長生きするのも善し悪しですね。
長生きするのならボケもせず、健康でいたいものですよね。

科学が発達するのも良いのか、悪いのか、いつも考えてしまいます。

ミコリー | URL | 2018-07-29(Sun)19:39 [編集]


ふゆこさま

ご心配ありがとうございます。
母は肩の荷が下りたようで、ほっとしているようです。
そのうち淋しさも感じ出すのでは?とも思いますが・・・

私は宿命論者でもあるので、それは寿命で仕方がないものだったのだろう。と納得はしていますが、夫はショックだったようで・・・自分の父親が同じ年なので、余計に感じるところがあるのでしょうね。

ミコリー | URL | 2018-07-29(Sun)19:42 [編集]


 そんなこともありましたか…

 私が癌治療で、医者は患者のことを考えて治療しているのではない。自分の研究や、出世のためだけだと感じました。
 私は直感で判断しましたが、少数派です。しかし、これでいいと思っています。

ひねくれくうみん | URL | 2018-07-29(Sun)21:28 [編集]


くうみんさま

>自分の研究や、出世のためだけだと感じました。

私もこれは本当に感じましたし、医学や科学があまりに発達してしまうのもなんだかな~と思ってしまいました。(--)

ミコリー | URL | 2018-07-30(Mon)07:42 [編集]


こんにちは。

ミコリーさん、いつも別のSNSでお世話になっています。いつもありがとうございます。
そのような薬があるのですね…しりませんでした。
私の母もアルツハイマー型ではなく、
動き回るタイプの認知症だったのでした。
おっちゃんもしんどかったのではないかなと思いました。
私も施設から、「もっと強い薬を処方してもらってほしい」となど要求されましたが、
幸いかかりつけ医がよい先生で
「それは出来ない」といってくださり、
なんとかごまかしながら施設でお世話になってきました。
でも、他の利用者の方とトラブルをおこしたりして、
途中で「みるのが大変(暗にでていってほしい)」など
何度も嫌みをいわれたりしました。
施設の人も人数が足りない状態でみてくれてるのですから、仕方がないとおもいます。
でも、ひとりでみるのは絶対に無理な状態だったので、
なんとかお願いしてみてもらっていました。
今の社会はこのような社会的弱者(過酷な現場を低賃金でになってくださっている施設の介護士さんもふくめて)がおいてけぼりになっている気がしてなりません。
母の場合も最後は意志も何もない状態で
食べることもできず
ただ生きているだけで、
こんな状態で生きてても生きてるっていえるのかな
本人はそれを望んでいるのかな…
といつも思っていました。
だからおっちゃんは幸せだったのかもしれないなとおもいました。

おっちゃんさんが穏やかにやすまれますことを願っています。

長文申し訳ありません。

しゅう | URL | 2018-07-30(Mon)08:44 [編集]


しゅうさま

お悔やみ&コメントありがとう。

おっちゃんも狂暴性が出てきたのは、ここ10日ほどのことで、もう少し長く生きていたら精神病院に入院させられていたり、拘束されていたと思うし、それを考えると今逝って本当に幸せだったのだと思いました。

老人介護しかり障害者介護しかり、もっと本人そして家族のことを考えたものにして欲しいと思うし、
なによりも介護施設で働く人を増やすこと=モチベーションが上がる年収。であることも必要だと思うし、
みんなが納得して暮らせる社会になるには、いろいろな問題が山積みで考えてしまいますね。



ミコリー | URL | 2018-07-30(Mon)10:24 [編集]


お悔やみ申し上げます

普通の人を廃人にしてしまうような薬が精神科で処方される……どこかで聞いたことがありましたが、
実際に、そのような現実が今もあるのですね…
驚きとショックを受けました。

介護の理想と現実、難しい問題がたくさんあるのですよね……

心よりご冥福をお祈りいたします。

木穂子 | URL | 2018-07-30(Mon)16:39 [編集]


木穂子さま

ありがとうございます。
人生の後半はしあわせだっただろうし、悔いのない人生だったと思います。

薬の件は私も本当に驚きました!
使うのも仕方がない現実。介護の世界はきれいごとでは済まないのは重々承知ですが、それでもやはりショックな話でしたよ。
私も、ボケたり暴れたりする前に死にたいな~と心から思いました。(;^_^A


ミコリー | URL | 2018-07-30(Mon)19:10 [編集]