FC2ブログ

急に怒りが沸いてくるとき 3

夫婦げんかあるある
07 /27 2018
みなさま、こんにちは!

過去の傷が今現在に響いてきて、人間関係を悩み多きものにしていることが多いということを理解していただいたと思います。

この癒し方は、ズバリ!!ラブレター方式で書くこと!と前回書きました。
このラブレター方式の書き方と過去へのさかのぼり方を紹介します。

まず、自分の気持ちを書いてみます
書き込んでいるうちに、過去がよみがえってくることもあるし、そうでない場合もあります。
そういう場合は、書き出すだけで気持ちは落ち着くので、無理に考えたり思い出したりしなくても大丈夫です。

書き込んでいるうちに、相手に向いていた怒りが実は違うことだったことに気が付き始めます。
そこで次は、本当の怒りを感じた人へ向けて手紙を書きます。

ある日、急に妻のすることなすことが気に入らなく、疎ましくなった男性がいました。
彼は、手紙を書いていくうちに、それは昔、母親からコントロールされ抑圧されて育ったことに、妻を勝手に重ねてしまったことに気が付くことができたので、母親へ当てて手紙を書きました(もうちろん投函はしませんよ。笑)

自分が子供のころに戻り、母親に抑圧されていたころに戻って手紙に恨みつらみでしょうね~(;^_^A それらの気持ちを書くことで、過去の嫌な気持ちが昇華され、妻に対しての疎ましさは消えて元通りの関係になれました。

ま、こうすんり行くことは少ないかもしれませんが、見捨てられ不安がある人は、子供時代に親から見捨てられたように感じた疑似体験をしていることは多いですし、特に女性の場合、両親のケンカを見て育ったり、離婚して父親が出て行ったりしたような場合、男性に対しての不信感や悲しかったことがよみがえる場合も多いです。

過去の傷が深い場合は、ちょっとやそっとではその気持ちが昇華することは難しいでしょうが、臭いものにふたをするのではなく、そういうことがあったことを受け入れることがまず必要です。

過去にそういうことがあった!とただ漠然と思うのではなく、認識する!
そしてその後、その気持ちを思い出しながら、傷つけた人間を許したり、理解したりしながら記憶の中の自分を癒して行きます。

子供のころに寂しくて抱きしめてもらいたかったのならば、自分のイメージの中で子供時代の自分を抱きしめることを想像する。
母親に暴言を吐かれたことを思い出して「あのころは母親もきつかったのだろうな~」と理解をする。
そして出来ればその行為を許してあげられるようになるとさらに良いでしょう。

今現在の心の不安定の90%は過去の事柄に起因する

これを知っただけでも、ずいぶん気持ちが楽になると思いませんか?
まずは、どの感情が抑圧しているのか?
怒り
寂しさ
恐れ
悲しみ

を知ることが過去の傷をいやす最初の一歩になります。

自分の中でこの4つの負の感情のどれが問題なのか?が理解でき、解決が付けば、それらの感情は安心感・平穏さ・愛・理解・許し・信頼の肯定的な感情に変わり始めて行くと思います。


夫婦関係のみならず、人間関係の悩みに苦しまないためにも、このことについてもうしばらくシリーズでやっていきたいと思います。



夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

感情はノートに表現しましょう。

こんにちわ♪
記事も拝見しましたよ。
まずは、自身の感情を書きなぐることが良いかもしれませんよね!

書くことは、ストレス解消にとなるかも知れまへんよね☆

確かに文章にすると、自分の気持ちを客観的に見ることができるというか、気持ちの整理にもなります。怒りのコントロールだけでなく、難しい問題を考えるときにも効果ありそう。

過去の出来事が現在に影響を与えることって、やはりあるみたいですね。
私はYouTubeで過去世退行の動画を流して聴くことがありますが、すっかり忘れていたつもりの嫌な記憶が蘇ってきたりもして、不思議な感じでした。
でも、そういった経験に向き合うということは私も必要だと思っているので、これからもやっていきたいと思います。
ただ、聴いているうちにたいてい寝てしまうんですよね💦
まあ、気長にやっていきます(^o^)

がちょーさま

そうなんです。
感情のすべてをノートに書くことはとても良いストレス解消になると言われています。
特に怒りの感情!
短気な人はそこで休憩を取ることができるので、無駄な怒りを持ち続けることがなくなりますしね。(^_-)-☆
ノートとペンを持って仕事の行く!ってのも良いかもしれません。笑

くうみんさま

負の感情すべてにおいて良いと思います。(^_-)-☆
このあと、愛しい人を亡くしてしまった後のヒーリング法も書いてみたいと思います。

書き出す。
という行為は、考えをまとめてくれたり問題の部分が見つけやすかったりするので、頭の中で考えるよりも良いことが多いように思います。
気持ちもすっきりとするので、お勧めですよ。(^0^)

utokyoさま

過去に抑え込まれた負の感情がある場合、現在に影響があるのは間違いはないようです。
抑制されてしまった感情を開放してやることで、その後の人生は変わります。

なかなか嫌な記憶を思い出すのは辛いですが、これから先を良くするためにもその行為は必要なものだと思います。
どうしても辛い気持ちがある場合は、やってみて損はないものだと思いますね。(^^)

なるほど そういう方法もあるんですね
言われてること本当に納得です
気持ちってあいまいなので 文章にすることにより
具体性を持たせていくんですね

勉強になりました

  駐在おやじ

駐在おやじさま

書き出すことで落ち着く効果と整理する効果があるので、なかなかまとまらないときは紙に書き出す。
ことをしてみるのは良いと思います。(^0^)

心理学の世界ではよく使われる手法ですが、知っていると何かの時に役立ちますよね。(^_-)-☆

ミコリー

国内最大級の女性向け恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティー」で恋愛・結婚生活アドバイザー&カウンセラーをしているミコリーです。

女性はもちろん男性の相談者も多く、相談を聞いていても女に男心わがからないように、男性も女の気持ちがわからないことを知るにつれ、女の本当の望みをを知ってもらい、女性だけでなく男性にも幸せになってもらいたい!とこのブログを始めました。