FC2ブログ

言い方を考えてみよう -1-

夫婦げんかあるある
06 /20 2018
みなさま、こんにちは!

言い方次第でケンカにもなるし、仲良くも出来る【言葉】どんなときにどんな言葉を言えば夫婦関係が上手く行くのか?を検証していきたいと思います。

前回、我慢をしてしまう特性のある女性が爆発することから、辛辣な言葉や攻撃する言葉になることが多いのでは?と書きました。

我慢に我慢を重ねた後に表現してしまうので、必然的に「怒りを含んだ言葉」になってしまいます。

自分の経験ですが、子供の朝を支度をしているときにおむつ替えをしなくてはいけないのに、こちらは他の事で手を放すことが出来ない。
元夫はぼぉ~っとテレビを見ている。

おむつ、変えてくれればいいのに!”と私の心の中

ここで軽く

おむつ、変えてくれる?

と言えばいいのに、やってくれたらいいのに!なんで、やってくれんのやろう?ホンマに使えん奴!ばかやろ~!という思いがどんどん重なって、いきなり口に出た言葉が

おむつくらい変えれんかっ!?怒

と怒鳴りつけていました。(;^_^A
元夫は、ホントに気の長い人で私に対しては怒ることがない人だったので、こういうことも平気で言えたのでしょうが、
今夫にこんなことを言ったら~血の雨が降る!?笑
一気に大ゲンカ勃発です!

今ならばこういう言い方をすれば男性はどうなるのか?も理解しているので、こんな最悪な言い方もしませんが、昔(ほんのちょっと前。汗)はこんなことさえ理解できていなかったんですよね。苦笑


男性に察してくれることを求めたり、その場の空気を読み取ることは出来ない!と諦めましょう。(;^_^A
何ごとも100%言葉に出して伝える!
まず、これをクリアーすること。それが夫婦げんかを防ぐ1番目のキモです。(^_-)-☆




夫婦関係アドバイスのランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわ~♪

記事も拝見しましたよ。
そーなんです!言葉の言い方次第でいい方でも、悪くもなりますよね。なるべく否定しない前向きな言葉で会話が大事でもありましたよ☆

まっすぐな質問、よろしいでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ
オムツに気付かない夫にイライラする場合、「オムツ変えてくれる?」って言うのにも疲れます。
毎回イライラを抑えて「オムツ変えてくれる?」て言うくらいならもう自分でする!ってなります・・
そのうちオムツ取れちゃうよ・・・

がちょーさま

>なるべく否定しない前向きな言葉で会話が大事でもありましたよ☆

ホントにそうですよね。
前向きな言葉、辛辣でない言葉を使うようにすることにこしたことはありませんね。(^_-)-☆


ぐー子さま

もうわかる~~を連打したい!苦笑

> 毎回イライラを抑えて「オムツ変えてくれる?」て言うくらいならもう自分でする!ってなります

これホントそう思うし、自分出した方が早い!って思うし私もそうしてきたんだけどね。(;^_^A
けど、面倒くさいからって全て自分一人でやってしまうと、夫くんは

「ぐー子が何も言わないからそれでいいんだ」

と思ってしまってますます何もしなくなるので、面倒くさくても毎回言葉にして言うことが大事!(^_-)-☆

そして、自分一人で何でもやりこなせてしまうと、自分一人で頑張ってるって恨めしい気持ちが沸いてくるので、
夫婦仲にとってはあまりよくないことなの。元夫とはそれが原因で離婚したので間違いないよ。苦笑

男性もタイプによって、何年経っても変わらない人もいるのでね・・・うちの夫。苦笑
それでもその人とやって行きたい場合は、石の上にも何十年!?(涙)って覚悟を決めよう。(;^_^A

年齢的なものもあるかもしれないですね。
お互い若いと、元気があるのと未熟なのとで、衝突することも多くなってくるかも・・・・

ミコリーさんのおっしゃることを心にとめておいて、少しずつ努力していくことでしょうね。
私くらいの歳になると、悟りが開けてくるようです(^o^)

utokyoさま

utokyoさまは悟りの境地でしたか?(^0^)

私も男女の違いと自分の特性を知ってからはずいぶんと良くなったと思います。←自画自賛、笑
それでもまだまだ精進せねば!と思うこともあるので、ずっと修行で頑張ります。(`・ω・´)ゞ

ミコリー

国内最大級の女性向け恋愛ポータルサイト「恋愛ユニバーシティー」で恋愛・結婚生活アドバイザー&カウンセラーをしているミコリーです。

女性はもちろん男性の相談者も多く、相談を聞いていても女に男心わがからないように、男性も女の気持ちがわからないことを知るにつれ、女の本当の望みをを知ってもらい、女性だけでなく男性にも幸せになってもらいたい!とこのブログを始めました。